FC2ブログ

浅田次郎著『輪違屋糸里 上・下』

浅田次郎著『輪違屋糸里 上・下』を読みました。

この本も、私の好きな幕末ものですが、女性の視点か新撰組や当時の世相が描かれていますネ。

幼い頃に女衒に売られ、京都へ上ったおいとは「輪違屋」と呼ばれる芸妓置屋に身を寄せ、「糸里」という名を授かります。
そして、輪違屋で芸事や作法の習いを受けた糸里は出世し、
芸妓の最高位「太夫」に次ぐ「天神」の地位を授かるほどになります。
糸里は、土方歳三に心惹かれるようになりますが、土方は子供扱いしています。

この京都島原の天神糸里を主人公に、平山の恋人の吉栄、芹沢の愛人のお梅、郷士の女房おまさとお勝の五人の女たちの視点で、新選組初期に起こった芹沢鴨暗殺事件を描いているのがこれまでの他の小説とは違いますね。


京都島原の太夫の地位がこんなにも高いものであったことや、彼女たちの誇りの高さ・・
初めて知りました・・

この作品で意外なのは、芹沢鴨の描かれ方・・

芹沢鴨はこれまで傍若無人で酒におぼれるとすぐに暴力に訴え、容赦なく商店からお金を巻き上げる・・など悪いイメージのみが強調されていました。

ここでは、近藤・土方・沖田といった百姓出身の人物達に比べて、芹沢は教養もあり剣の腕も確かな人物として描かれています。
しらふの時には、お勝にも言い負かされてしまうことや、花を飾るなどの様子も描かれ驚きますね。 

逆に、土方は陰険な策謀家で、自分に情を寄せる糸里さえ、道具とし扱う・・

ただ、芹沢鴨の行動を正当性しすぎかなぁ・・という印象はありますが・・
京都に着くまでも傍若無人な振る舞いは多々あったわけで・・
「大和屋」の焼き討ちは上からの指図で、芹沢鴨はその命令に従っただけ・・ウ~ン・・
作者は、芹沢鴨が好きなのだろうな・・という印象・・ですが・・


主人公、糸里は土方への愛情から、利用されることを承諾するのですが、その帰り道「今度は男に生まれたい」という描写が女の哀しみを表していますね。

芹沢鴨暗殺事件に糸里、青梅、吉栄らが巻き込まれるのですが、この描写は史実に反する部分はありながらも、うまく書かれています。

糸里が土方に投げかける最後の言葉は、自分の思いを胸にこめ悲しい言葉ですね。
吉栄の独白は、何だか分からないものに愚かにも死を賭けて挑んでいく男達の間で、
生きていくことの真の意味を求めています。
彼女の意思の強さと相まって、今後の二人の行く末が思いやられ・・

最後の対談を読むと、輪違屋には糸里がいたという記録はないとか・・
芹沢鴨暗殺時のわずかな記録で、ここまでの作品を書かれるのがすごい!!

また、浅田作品読んでみます。

12 : 42 : 53 | 最近読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<今年最後の作品・・ | ホーム | ビーズ、買いに行きました・・>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrspepper.blog121.fc2.com/tb.php/131-2c47ddfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Sky Clock

プロフィール

beadsD

Author:beadsD
好奇心旺盛なオバサンの雑多な趣味とツブヤキです。
ビーズを好きな方々と交流できると嬉しいですね。

別ブログ「東京モンの福岡グルメさがし」
も宜しければお読みくださいね。


ブログランキング参加しています。
よろしければクリックしてくださいネ・・

RSSフィード

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

紀元水 国内格安航空券サイトe航空券.com 父の日・ギフト・花束・母の日 健やか総本舗亀山堂 英会話スクールWILL Square フォーム FC2ブログジャンキー 無料・レンタル・掲示板