FC2ブログ

篠田真由美著 『すべてのものを一つの夜が待つ』を読みました・・

篠田真由美著 『すべてのものを一つの夜が待つ』(光文社、2005)を読みました・・

私は篠田真由美さんの本、殆ど読んでいますが、
中でも桜井京介が登場する建築家探偵シリーズや、
吸血鬼(ただの吸血鬼ではありません)・龍緋比古が登場する
『龍の黙示録』シリーズが好きなのですが、
この2作とも最近はチョット話の展開に無理があるかも・・
ソロソロ終わりかな・・・と・・

建築家探偵シリーズは、最新本の最後でソロソロ終わりになるようなことが
書かれていますが、妹と消えた京介がどうなるのやら・・

で、少し前の作品ですが読んでいなかった『すべてのものを一つの夜が待つ』を・・

内容は:
明治半ばから貿易商として財を築き、今や大富豪となった満喜家の現当主・寿一郎は、己の財産を相続させるべく、日本中から血縁の若者を集める。

幼い頃から、従兄弟の冬樹に従わされてきた杜夫が主人公。
冬樹を含む相続人候補5名とそれぞれのパートナー計10名は、
寿一郎の秘書に導かれ、満喜家所有の無人島に渡ります。

本州最南端の半島沖に建つ巨大な西洋館。
財産相続の条件はただ一つ。
当家秘蔵の八十六カラットのダイヤモンドを、
期限内にこの建物から見つけること。
外部との接触を立たれたこの島で10人の宝探しが始まるが、
2日目の朝、浴室の中で候補者の女性の首吊り死体が見つかります。
様々な憶測が飛び交う中、今度は首無し死体が発見され、
さらに鍵を持ったまま秘書が失踪し、彼等は館に閉じ込められてしまう。

というようなお話で、作者によると、
18世紀イギリスで生まれた「ゴシック・ロマンス(ミステリー・ホラー・伝奇・冒険・恋愛などがの要素が含まれる小説)」を目指して書かれたものであるらしい・・

確かに要素は盛り込まれていますが、読後,面白かった・・
という印象はありませんね。
結末も凝ってはいるのですが、なんか消化不良・・
08 : 33 : 53 | 最近読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<春は、パールが似合う?? | ホーム | たまには情熱的?に・・赤のネックレス・・>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrspepper.blog121.fc2.com/tb.php/181-36366f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Sky Clock

プロフィール

beadsD

Author:beadsD
好奇心旺盛なオバサンの雑多な趣味とツブヤキです。
ビーズを好きな方々と交流できると嬉しいですね。

別ブログ「東京モンの福岡グルメさがし」
も宜しければお読みくださいね。


ブログランキング参加しています。
よろしければクリックしてくださいネ・・

RSSフィード

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

紀元水 国内格安航空券サイトe航空券.com 父の日・ギフト・花束・母の日 健やか総本舗亀山堂 英会話スクールWILL Square フォーム FC2ブログジャンキー 無料・レンタル・掲示板